更新履歴‎ > ‎

2010.07.09 - 特許庁普及支援課特許情報企画室の説明会

2013/04/25 0:32 に Atsushi NOZAKI が投稿   [ 2013/04/27 5:08 に更新しました ]
日 時: 2010年7月9日(金) AM:10:00~
場 所: 特許庁5階
      (東京都千代田区霞が関三丁目4番3号  TEL : 03-3581-1101)

議事要点

1 【 平成21年度リリース項目について 】

(1)
CPA(中国特許英文抄録)の照会
  外国文献DBにおいて、中国の特許英文抄録を照会できるようにする。
(2) NOT演算の追加
  公報テキスト検索機能にNOT演算を追加する。
(3) 外国意匠公報の検索・照会
  外国(米国・韓国)意匠公報を日本意匠分類で検索、表示できるようにする。
  (従前は、米国の意匠公報の書誌情報のみ表示)
(4) 意匠公知資料の書誌検索
  一般刊行物(内外国雑誌、内外国カタログ等)を、物品名等で検索できるように
  する。
(5) 図形商標検索入力欄追加
  ウィーン図形分類の入力欄を3つへと増設する。
(6) 称呼検索入力欄追加
  称呼の入力欄を2つに増設し、OR検索をできるようにする。
2 【 平成22年度開発項目について 】

(1)
文献単位のPDF表示
  意匠公報と商標公報を文献単位PDFにて提供する。
(2)
検索結果一覧のサムネイル表示
  意匠の検索結果一覧表示の表示モードとして、サムネイル表示を設ける。
(3)
ハイライト表示 多色化
  公報テキスト検索でのハイライト表示において、キーワードごとに色を変える。
(4)
WEBアクセシビリティの向上
  障害者や高齢者などを含めても、誰もが利用しやすいようにIPDLのレイアウ
  ト等を変更する。
3 【質疑応答 】

(1)
IPDLの開発は今後予算内でしか実施しない。(最適化計画をメインにしているた
め。システム自体はIPDLから進化させるが、DBは今までのものを流用する)
(2) 平成26年にIPDLは、審査官端末と同様なアクションができる時期バージョンとな
り、無償ソフトをダウンロードして使用する形になる。
Comments